「裸足先生池田仁」の運動がもっともっと楽しくなるブログ

「運動嫌いをなくす」を使命に活動する運動指導員のブログです。主に子どもの運動のコツや倒立、ブリッジのコツなどを書いています。

ブリッジの手のつきかた

ブリッジの手のつきかたはこうです。


f:id:hadashisensei:20190123080513j:image

手の指が肩の方を向きます。

 


f:id:hadashisensei:20190123080544j:image

 

こんなつきかたをしてる人をたまに見ます。
f:id:hadashisensei:20190123080647j:image

手の指が横を向いています。

 
f:id:hadashisensei:20190123080757j:image

このつきかたをすると肩甲骨の動きがロックされてしまい肩や肘、手首を痛めてしまいます。このつきかたでブリッジ歩行するなんてもっての他です!(ブリッジ歩行自体、やらない方がいいです)

 

幼稚園や保育園、小学校の先生方、お父さん、お母さん、子どもがブリッジするときの手の向きをチェックしてみてください!

逆立ち歩き(倒立歩行)のコツは逆立ちで歩かないこと

三学期になると一気に増えるお問い合わせが

「逆立ち歩きを教えてください」というもの。

ヨコミネ式教育法を導入している幼稚園や保育園では発表会や卒園式で園児が逆立ち歩きや高い跳び箱を披露する場があるとのことでそれに向けた特訓をしたいとご依頼があります。

今年もブログやinstagramを見てパーソナルレッスンを受けに来てくださったり質問をくださったりたくさんご相談を受けております。ありがとうございます。

パーソナルレッスンは60分10000円から受け付けておりますのでjin.gon10@gmail.comにご連絡ください。

 

さて、先に断っておきますと私は逆立ち歩き(ブリッジ歩き)は「必要ない」と思っています。

普段のクラスでも練習させないし、自分のトレーニングとしてもやりません。

その理由は「身体が固くなるから」「倒立の形が汚くなるから」の二つです。

なので「逆立ち歩きがしたい」とパーソナルレッスンに来てくださっても実際に逆立ちで歩くのはほんのわずかな時間です。

 

先日のパーソナルレッスンは40分のうち20分がストレッチ、残りの20分が前転、後転、ブリッジなどのマット運動と壁倒立。

逆立ち歩きは1分やったかなぁ?ってくらいの内容でした。

その結果、そのお子さまは二日後の幼稚園のテストで目標の距離を逆立ちで歩けたと報告が届きました。逆立ち歩きがいいか悪いかは置いといて、できなかったことができるようになった喜び、目標を達成することができた自信を与えることができてとても嬉しいです。

 

逆立ち歩きをどうしてもやらなきゃならない、どうしてもクリアさせたいという保護者の方も多いと思います。

ひょっとしたら幼稚園の先生や体操の先生から「できないのはあなたのお子さまだけですよ」なんてプレッシャーをかけられて悲しい思いをされてるご家庭もあるのではないでしょうか。

 

そんなお悩みを抱えているみなさんはお家でぜひこんな練習をしてみてください。


f:id:hadashisensei:20190118135343j:image

壁にあご、胸、太もも、足の甲をつけた壁倒立です。手は壁から15cmくらい離します。

 

これだけで充分です。足踏み(手踏み)したりしないでください。この姿勢で補助なしで1分くらいキープできるようになればあとは幼稚園での練習時間できるようになります。

幼稚園の時間以外はなるべく逆立ち歩きをしないように注意してください。ブリッジ歩きもやらないほうがいいです。

 

この姿勢が補助有りでも辛い場合は柔軟性や筋力が足りないことが考えられるのでストレッチやくま歩きなどで鍛えましょう。 

それもちょっと大変だったら池田仁まで連絡ください。

 

 

あ、、、

 

運動会直前とかもそうなんですが

「明日までに何とかしてほしいんです!」っていうのはお子さまの心身にも保護者の方のメンタル的にもあまりよろしくないのでなるべくお早めに連絡いただけると嬉しいです(笑)

 

 

前屈も後屈もどちらもできる身体に。

2019年は後屈(ブリッジ)だけでなく前屈もできる身体にしていきます。

 

前屈とは身体を「前」に折り曲げる動き。


f:id:hadashisensei:20190103211007j:image

 

後屈ってのは後ろに反る動き。

代表的なのがブリッジ。


f:id:hadashisensei:20190103211315j:image

 

人間の背骨は 

前屈

後屈

側屈(横曲げ)

捻転(ねじる、ひねる)

と色んな動きができます。

 

逆にいうと、「特定の動きしかできない」「特定の動きができない」というのは不自然、不健康なんだと思います。

 

前にも後ろにも動かすことで全身の筋肉が使えて身体のバランスも整い、究極の身体に近づいていくんだろうなぁと思っています。

 

ということで最初にも言ったように今年は

 

前屈にも


f:id:hadashisensei:20190103214329j:image

 

後屈にも


f:id:hadashisensei:20190103214347j:image

 

両方ともこだわって練習していきます。

 

もちろん、側屈やねじりにもこだわりますけどそれはまた次のお話ってことで!!

やらなきゃゼロ 今日やれば1 明日もやれば2

暇があれば見てる武井壮しら。

 

いつものように井の頭公園でトレーニングしたあとに一気に見ました。

 

武井壮しらべ最終回で母校神戸学院大学の陸上部を訪問する武井壮さん。

最後のミーティングで学生たちにこういいます。

「今はゼロのことでもいい」

「やらないとゼロのまま」

「今日やれば1になる。明日も頑張れば2になる。チャンピオンの人が今1000なら3年やれば追い付く」

「人間ってそういう風にして成長していく」

 


武井壮しらべ #22(最終回) 百獣の王・陸上との出会いの地へ - YouTube

 

2016年元旦から毎日コツコツと鍛練して丸三年がたった今、とても胸に響きます。

2015年の12月31日は「ゼロ」でした。

 

2016年1月1日に僕の倒立とブリッジは「1」になりました。


f:id:hadashisensei:20190101210253j:image


f:id:hadashisensei:20190101210307j:image

 このときはSNSに投稿したり会ったりする度に「もっとこうして…」「いい練習方法があって…」ってアドバイスをいただいてて、その度にありがたいなぁと思いつつも

 

これはバカにされてるな

ナメられてるな

 

なんて思うこともあってモヤモヤしてて…

「こいつら絶対見返してやる。黙らせてやる。」という思いが原動力になりました(笑)

 

1000日続けたらこうなりました。


f:id:hadashisensei:20190101211234j:image

 

もっと続けたらこうなりました。
f:id:hadashisensei:20190101211314j:image

 

倒立も伸肘倒立であがって浮き腰に降りてこられるようになりました。

#366日間フィットネスチャレンジ倒立 366+365+344日目ブリッジ 366+365+344日目アクロヨガ なし#presshandstand #伸肘倒立#浮き腰 #straddlelift#fitnesschallenge #倒立 #handstand #handbalance#ブリッジ #後屈 #backbend#アクロヨガ #acroyoga #fitness #training #yoga #ヨガ

 

理想とする人に追い付くまではまだまだ足りないことばかりですが、毎日少しずつでも続けてきたから毎日少しずつ成長し続けることができて、当時「うるせぇなぁ…」と思ってた人達に少しは近づくことができました。

 

 

 

人間は願い行動すればなりたい自分になれる

目指す高みに必ず辿り着ける

 

武井壮調べ最終回のエンディングで林原めぐみさんがナレーションしているこの台詞を胸にまだまだ成長し続けます。

そして一人でも多くの人に「俺もがんばってみようかなぁ」「私も少しだけ変わってみようかなぁ」と思ってもらえたら嬉しいです。

 

 

継続と上達のコツは自分を信用しないこと

2018年12月31日です。

今年最後の尻手の朝は快晴でした。
f:id:hadashisensei:20181231171313j:image

富士山もくっきり。
f:id:hadashisensei:20181231171355j:image

 

身体はグニャり。

366+365+365日目
f:id:hadashisensei:20181231172358j:image

ぐにゃぐにゃ

1096日目
f:id:hadashisensei:20181231172406j:image

 

 

2017年の10月から先生のもとで毎週レッスンを受けるようになり、週一回だったのが気がつけば週二回になり(時には週三回)、通えば通うほど身体が変わっていくのを実感することができました。

2016年の1月1日になんとなく「毎日倒立とブリッジやってみようかなぁ」と本当に軽い気持ちで始めたチャレンジでしたが今となってはチャレンジというより、もはや生活の一部となっています。

 

なんでこんなに継続することができるのか?ってことを考えてみました。

いい先生と仲間、場所に出会えたって言うのは言うまでもないので置いといて、それ以外で出た答えがこちらの2つ

 

1.自分を信用していないこと

2.なにをやらないか決めたこと

 

1.に関して

僕は僕の能力をあまり信用していません。

自信がありません。

自己流でやっても成長できないだろうと思っています。事実、自己流でやってた時期はどんどん下手になっていました。 

なので他人に頼ります。自分より知識と技術と経験のある人の目で見てもらいます。

 

2.に関して

1.とも通ずることなのですがあれもこれもやって、全てを上手にこなせる器用さは僕にはありません。

筋トレやめました。ボルダリングやめました。ランニングやめました。スラックラインやめました。

(肉と酒はちょっと減らしました…)

 

 

2018年は「覚悟」と「決断」によって成長することができた一年でした。

 

毎日継続できる人間であること、やればやるだけ上手くなる身体であることには自信が持てたので来年もさらなる上達を目指して謙虚に素直にゆっくりとコツコツ鍛練して参ります。

 

 

 

二時間で倒立ができる!


f:id:hadashisensei:20181116191943j:image

ようにはなりません。

 

二時間で倒立ができるようにはなりません

 

そして

 

二時間で倒立ができるようになるレッスンも僕にはできません

 

世の中には「一ヶ月で変わる!!」「たったの二週間で効果がでる」「三日間で完成する」「90分でできる!」とかとにかく短時間で効率的に物事を身に付けるためのメソッドが溢れています。

 

僕は倒立もブリッジも三年近く時間をかけて今のレベルなのでそのような短時間メソッドで結果がでる人もそのようなメソッドやレッスンを売って結果が出せる先生もすごいなぁと思いますし、うらやましいです。

 

ただ、何度も言うように僕にはそういうレッスンができませんのでやりませんし、「すぐにできるよ」なんてアドバイスもしません。

 

その代わり、

 

一生楽しめる身体作りや動き作りの方法継続的に練習できるメンタルや体調の管理の方法 をその人の目標や悩みや身体に合わせて丁寧に指導することができます。


f:id:hadashisensei:20181116192036j:image

 

倒立に限らず運動に必要なのは「身体作り」です。

よく言われる心・技・体  のうちの 【体】

 の部分です。


f:id:hadashisensei:20181116192007j:image

 

 

ここをしっかり作り上げることで【技】も身に付くし、【心】もついてきます。

 

一瞬の快感よりも日々の達成感や一生の楽しみを見つけたいあなたはぜひ池田仁の

倒立の基本の「き」がわかるレッスン にお越しください。

一瞬だけ痛いストレッチと一瞬だけキツい四足歩行トレーニングと壁倒立を一緒に楽しみましょう。

 

倒立の基本の「き」がわかるレッスン

スケジュール

 

2018年12月9日日曜日 17:00-18:30

参加費 3500円

千葉県君津市 蓮久寺

蓮久寺 - ホーム | Facebook

 

2018年 12月14日 金曜日 19:00-21:00

参加費 4000円

ブライトンスタジオ代官山

ブライトンスタジオ代官山|BRIGHTON Studio DAIKANYAMA

 

2018年12月16日 日曜日 14:00-16:00

参加費 4000円

静岡市生涯学習センター

静岡市生涯学習センター

 

2018年1月20日 日曜日 15:30-17:30

愛知県名古屋市名東区本郷 YOGA AMA

名東区本郷駅前のヨガスタジオ【YOGA AMA】|お子様連れOK・少人数制のアットホームなスタジオ

 

倒立やブリッジ、ストレッチのパーソナルレッスンや少人数制レッスンも承っております。

 

Facebook Jin Ikeda

instagram jinjinikeda

twitter hadashisensei

倒立のためにやめたこと。そしてこれから

友人が「1000日で伸肘倒立ができるようになるってすごいねー」と誉めてくれた。

この人はいっつも池田仁のことを誉めてくれるので大好きです(笑)

 

ただ、改めて考えると

 

1000日かかって今のレベルって全然すごくないし池田仁じゃなければもう少し早くこのレベルに到達できちゃいそうだなー

 

と思って「いや、一般人ならこの半分くらいでできるようになるよ」と返信しました。

 

これは決して謙遜とかそんなんじゃなくて本当にそう思っています。

 

倒立とブリッジのチャレンジを始めたころ、目指していたことがあります。

 

筋肉ムキムキで

裸足で100km走れて

海も泳げて

壁も登れて

人も軽々持ち上げられて

それでいて柔軟性があって

クロバットな動きも軽々できちゃう

 

っていう少年ジャンプの主人公やアベンジャーズにでも出てくるかのような万能超人になりたい!

 

そんな野望があったんです!

本気で目指していました。

 

 

だがしかし!!

そこに到達するには人生は短すぎる ということに気づいてしまいました…

 

一向に柔らかくならない身体。いつまでもストレッチが痛い身体。なかなか持ち上がらない重い下半身。

そんな身体で倒立を極めようとすることはあまりにも効率が悪すぎました。

 

ということに気づいたのが去年の10月くらいだったと思います。

 

それからやめたことがたくさんあります。

 

筋トレやめました。

腕立て伏せ、スクワット、腹筋、懸垂などなど自分の意思ですることは一切ありません。レッスンや遊びでやれって言われたらがんばりますが(笑)

 

ランニングやめました。

2018年3月の鹿児島マラソンを最後に長距離を走ることをやめました。たぶんこれからもかけっこ教室以外で走ることは無いと思います。

 

ボルダリングやめました。

ボルダリングジムで体操教室&パーソナルトレーナーやってたんですが、見て動きを分析して指導に活かすだけになりました。

 

アクロヨガの時間を減らしました。

2016年は190日、2017年は150日もやっていたアクロヨガですが2018年は10月1日の時点で26日!

126じゃありません。 

26です(笑)

 

よくぞここまでいろんなモノに手を出したなぁ(笑)

 

さぁ、これからなんですが…

 

痩せます!

 

そしてそのために

 

 

なんと

 

なんと

 

肉 & 酒  を減らします。

 

 

減らします。

 

やめるんじゃありません(笑) 

 

よく考えると今までが食べ過ぎ(飲み過ぎ)だったんです。

 

どのくらい効果があるか興味があって9月に夜20時以降は食べない&飲まない(アルコールを)っていうダイエットやってみました。

そしたら体重はスルスルっと落ちるし身体も柔らかいし伸肘倒立も上手くなるし…いいことばっかりだったんです。

 

「肉をやめたらもっと上手くなるよ」という先生の言葉を

「いやいや、そんなはずないでしよー」と疑ってましたが本当でした…

 

 

調子にのって昨日、めっちゃ食べて(吉祥寺のホルモンわ)めっちゃ飲んだんです。

そしたら今日のストレッチが痛いこと痛いこと。

腰はパンパンだし開脚は開かないしブリッジは反らないし…

 

反省しました。

このままだとこれ以上先には進めないし自分の能力を伸ばせないんだなぁと感じました。

 

なので肉&酒を減らします!

 

やめるんじゃありません(笑)減らします!

 

肉とお酒に使ってた時間とお金と体力をトレーニングに回したらどのくらい成長できるのか楽しみです。

 

別に今までの人とのつきあい方が変わるってわけではないのでみなさん、今まで通り接してくださいね(笑)