読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「裸足先生池田仁」の運動がもっともっと楽しくなるブログ

「運動嫌いをなくす」を使命に活動する運動指導員のブログです。主に子どもの運動のコツや倒立、ブリッジのコツなどを書いています。

運動能力が高まる四足歩行 側対歩 (そくたいほ)

運動能力が高まる四足歩行

側対歩 (そくたいほ)

 

右手と右足が同時に動く

左手と左足が同時に動く

 

同じ側の手と足が同時に前に出ることで移動する歩き方を

 

側対歩(そくたいほ)と呼びます。

動物ではキリンや象、ラクダなどが側対歩で動きます。

 

馬やチーターなどの斜対歩(しゃたいほ)と比較して上下の揺れが少なく安定しているのが特徴です。安定していますが速度はあまり出ません。

 

 

側対歩のやり方

準備

  1. 両手首を肩の真下につく。
    f:id:hadashisensei:20170406152408j:image
  2. 足の裏を全部地面につけて膝を曲げる。足は腰幅。
    f:id:hadashisensei:20170406152435j:image
  3. ふくらはぎが固くて踵(かかと)が浮いてしまう人は手と足の距離を近づける。
    f:id:hadashisensei:20170406152500j:image

動き

  1. 右手と右足を同時に浮かして前に出す。
    f:id:hadashisensei:20170406152551j:image
  2. 左手と左足を同時に浮かして前に出す。
    f:id:hadashisensei:20170406152627j:image

気を付けること

  • 左右の肩の高さを揃える

良い例

f:id:hadashisensei:20170406152839j:image

 悪い例

f:id:hadashisensei:20170406152937j:image

  • 手と足の距離を近付け過ぎない

良い例
f:id:hadashisensei:20170406153157j:image

悪い例
f:id:hadashisensei:20170406153227j:image

側対歩の効果

  • 手首と肩の筋力と柔軟性が高まる
  • 体幹を安定させる能力が高まる
  • ふくらはぎの柔軟性が高まり足首の       動きがよくなる

 

スピードは出さないでいいのでゆっくりと正確に動かしてみてください。

慣れてきたら後ろにも歩いてみましょう。

 

ここまで読んで池田仁をもっと知りたくなったあなたへ


各種SNSをご覧ください。活動を随時アップしております。

Facebook Jin Ikeda 

 

 instaglam jinjinikeda 池田 仁さん(@jinjinikeda) • Instagram写真と動画

 

運動を通じて「できた!!」の喜びと「できる!!」の自信を全ての人に

「運動嫌いをなくす」それが私の使命です。

池田仁

 

366日間フィットネスチャレンジ

倒立 366 + 95日目

f:id:hadashisensei:20170406190120j:plain

 

ブリッジ 366 + 95日目

f:id:hadashisensei:20170406190151j:plain