「裸足先生池田仁」の運動がもっともっと楽しくなるブログ

「運動嫌いをなくす」を使命に活動する運動指導員のブログです。主に子どもの運動のコツや倒立、ブリッジのコツなどを書いています。

本番でいつも通りの実力を発揮する方法

2017年11月19日 千葉県君津市の蓮久寺で開催された
寺フェス~結 YUI~でアクロヨガ体験会&パフォーマンスをさせていただきました。

11:00からの一回目のパフォーマンスはスピッツ空も飛べるはず
f:id:hadashisensei:20171120200625j:plain

ポップで飛んだときには「ふわ~~!!翔んだ!!」と歓声があがりました。
f:id:hadashisensei:20171120200657j:plain

あー緊張した。
f:id:hadashisensei:20171120201642j:plain

13:00からの二回目のパフォーマンスは君津に縁のあるバンドの氣志團のワンナイトカーニバル。団長の綾小路翔さんが君津出身です。

f:id:hadashisensei:20171120201144j:plain

パラパラも踊っちゃいました。
f:id:hadashisensei:20171120200959j:plain

f:id:hadashisensei:20171120201719j:plain

f:id:hadashisensei:20171120201737j:plain

会場では曲に合わせて歌ってくれる人もいて大盛り上がりでした!
f:id:hadashisensei:20171120201801j:plain


アクロヨガを始めて4年、色んな場所、色んなイベントでパフォーマンスをさせてもらえるのをとても嬉しく思っています。

今までたくさんのイベントでパフォーマンスをしてきて毎回感じるのは本番で力を発揮することの難しさ。
観客に見られてるやり直しのきかない一発勝負。
緊張します。ドキドキします。不安です。

池田仁はアクロヨガパフォーマンスを通じてその緊張や不安に負けずに普段通りの力を発揮する方法を見つけたのでその方法を紹介します!

1. 自分を観察する

身体の調子はどうなのか。どこがよく動いてどこの動きが悪いのか。
リラックスしているのか緊張しているのか。
「今」の自分の調子をしっかりと確認します。
ここで大事なのは無理やり緊張を抑えようとしないこと。
「なんとかしなきゃ。」と考えすぎると余計に疲弊します。
本番になってから「なんだかいつもと違う!」とパニックになるよりも「いつもと違うからなんとかしよう」と動いた方がいいパフォーマンスができます。

2.テンションを上げすぎない

テンションを上げなきゃいけない種目もあると思いますがアクロヨガに関して言うとテンションを上げすぎたり普段以上の力を出そうと意気込み過ぎるとあまりいい結果には繋がりません。
というのも、アクロヨガは相手があってのこと。
パートナーがいつもより動きすぎたり動かなすぎたりすると
「え?練習の時と違う!」
と戸惑い、動きがギクシャクしてしまうことになります。

よく「本番では練習以上の力が出る」と言われてますが僕はこれに関してはあまり信じてません。
練習でやったことしかできないし今の自分にできること以上のことはできません。
なので「本番だからなんとかなる!」と考えるではなくて「本番だと思って練習する」方が本番ではいい結果に繋がると思います。

3.自分以外の人を見る、考える、感じる

意識が自分に向かいすぎるのも動きが固くなる原因の一つ。
一緒に舞台に立つ仲間を見たり、話したりしていつもと違う点はないか、どんなことに気を付けようか考えてみましょう。
また、本番中に僕が心がけているのはパートナーにだけ聞こえるような声で話しかけること。
次のポーズを伝えたりいい動きができたら誉めてみたり、失敗したら大丈夫大丈夫と言ったり。
ちなみに昨日は「次はなんだっけ?忘れた!」と言ったら隣のベースが「フットトゥーハンド!」と助けてくれました(笑)

f:id:hadashisensei:20171120210342j:plain

自分にできるのは自分にできることをするだけ

本番でできることって「自分をコントロールする」ことだけなんです。
本番になっていきなり今までやってないことをやろうとしたりお客さんの目や評価を気にしすぎたり会場の雰囲気をコントロールしようとしたりするといいことはありません。
「自分にできることをするだけ」
そう思うと本番の緊張や不安も少しは和らぐと思います。


「あぁー緊張するー。ほぐしてほぐしてー」と言いながらバッキーさんにフットマッサージをしてもらう裸足。
f:id:hadashisensei:20171120211155j:plain


「無事に終わりますように」と仏様に手を合わせます。


f:id:hadashisensei:20171120212410j:plain





真ん中の美女は「パフォーマンス上手くいきますように。ついでに彼氏ができますように」と欲張ってました。
それに釣られて裸足も「運動能力高くて肉とお酒が好きな女子に結婚したいって言われますように」とこっそり願いました。

f:id:hadashisensei:20171120211323j:plain



第一回寺フェスはたくさんの人の笑顔と結ばれた素敵な時間でした!

書道家の馬場貴海賀さん
ステージの後方の【結YUI】を書いたオープニングパフォーマンスは感動的でした。
f:id:hadashisensei:20171120211909j:plain


日本スラックライン界の第一人者アズキャン
スラックラインパフォーマンス中のMCで会場は大盛り上がり。密かに参考にさせてもらってます。
f:id:hadashisensei:20171120211925j:plain

スラックラインパフォーマンスを披露してくれた世界でもトップレベルのライダー。
早坂航太選手と岡田亜佑美選手
身体の使い方とかパフォーマンスするときの心構えとかもっと聞いておけばよかった…

f:id:hadashisensei:20171120211937j:plain

蓮久寺住職の江口和尚と
池田仁と君津を、池田仁と蓮久寺を、アクロヨガと君津を結んでくれた三浦さんと。

f:id:hadashisensei:20171120212002j:plain


スラックライン&アクロヨガ
パフォーマンスチームで一枚。
f:id:hadashisensei:20171120212917j:plain

そして忙しい中練習を積んで寒い中、最高の笑顔とパフォーマンスを届けたアクロヨガ仲間のみなさん。
本当にありがとうございました!
f:id:hadashisensei:20171120212954j:plain


f:id:hadashisensei:20171120213112j:plain



ここまで読んで池田仁をもっと知りたくなったあなたへ

各種SNSをご覧ください。活動を随時アップしております。

Facebook Jin Ikeda

instaglam jinjinikeda
池田 仁さん(@jinjinikeda) • Instagram写真と動画

運動を通じて「できた!!」の喜びと 「できる!!」の自信を全ての人に

「運動嫌いをなくす」
それが私の使命です。
池田仁

レッスン時間を守ることの大切さ

2017年10月29日ブライトンスタジオ代官山の4周年パーティーがありました。

ブライトンスタジオ代官山|BRIGHTON Studio DAIKANYAMA

 
f:id:hadashisensei:20171115194759j:image

フリーランス一年目の仕事が無くて辛い時期にアルバイトとして雇ってくれてその後も早朝フェスなどのイベントでも池田仁を使ってくれたりととてもとてもお世話になっている大好きなスタジオです。

朝6時半スタート!通勤通学前に踊れる「早朝フェス®」 | Afro&Co.

(早朝フェス 2017年11月29日に開催決定!)

 

そんな素敵なスタジオの4周年イベントで池田仁も倒立の基本の「き」がわかるレッスンを開催させてもらってただ参加するだけでなく、一緒に盛り上げることができてとても嬉しく思います。

 

このイベント、とてもとても素晴らしいイベントでした。

12:00-16:00は【YOGA FOR EVERY BODY】の

インストラクターによる1時間のヨガクラスが4本

RITSU先生
f:id:hadashisensei:20171115200038j:image

 KaoruTokyo先生
f:id:hadashisensei:20171115200109j:image

池田仁
f:id:hadashisensei:20171115200141j:image

Maiko Kurata先生
f:id:hadashisensei:20171115200211j:image

 

ヨガクラスのあとは

17:00-21:00で【 PARTY FOR EVERY BODY 】

 DJの音楽が流れる中で美味しい料理とお酒を楽しむ。

 

余興の腕相撲大会
f:id:hadashisensei:20171115200631j:image

(会場を煽るだけ煽ってあっさりと完敗しました。)

 MERTERさんのライブ
f:id:hadashisensei:20171115200713j:image

なにからなにまで最高な空間だったのですが、池田仁の個人的な一番の感動はイベント終了後に訪れました。

 

 Maiko先生 「今日のイベント、ヨガから最後のレッスンまで全てがタイムスケジュール通り進みました!」
f:id:hadashisensei:20171115200954j:image

 

!!!!!!!!!

 

オーナーの宮さんもどこか誇らしげ。
f:id:hadashisensei:20171115201125j:image

 

 

12:00から21:00まで9時間の長いイベントで時間きっちりって聞いたことがありません。

ヨガのレッスンも誰一人時間が伸びず、もちろん短すぎず、ライブも始まりから終わりまで全てがキッチリだったんですって。

 

鳥肌が立つくらい感動しました。

 

レッスンやイベントをしていると時間通りに始めて時間通り終わるのってとても難しい。

プログラムを詰め込みすぎたり最後の話が長くなったり、終わったあとの入れ換えに時間がかかってしまったり…

これって良くないですよね。

その理由としては

 

  1. 生徒の時間を奪う

  2. 次の利用者の時間を奪う

  3. 自分が苦しくなる

 

の三つです。

 

1.生徒の時間を奪う

生徒さんはそのレッスンを受けるために一週間もしくは一ヶ月、ひょっとしたら一年間の予定をやりくりして来てくれています。

そしてそれはそのレッスンの時間だけではなくそれ以降の予定も含めた計画だったりします。

レッスンが時間通り終わることを信じて移動時間や乗り物の時間などを計算して次の予定をたてたのに10分も20分も終わりが伸びたらどうなりますか?その日一日の計画が大崩れすることになりますよね。

先生にとってはたった5分、10分が生徒さんにとっては大切な大切な時間なんです。

 

2.次の利用者の時間を奪う

スタジオでレッスンをする場合、次のクラスがある場合が多いです。自分のクラスだったり他の先生のクラスだったり。

次に利用する人たちはその時間に合わせて行動しているので1.と同様にその人たちの時間を奪うことになりますよね。

次のクラスの時間が短くなるなんてことになったら最悪です。

 

3.自分が苦しくなる

すぐに次の自分のクラスが始まる

すぐに次の現場に移動しなければならない

そんな時に時間が延びてしまったら大変です。

休む暇などありません。トイレにも行けません。

間に合わせるために慌てて動くので事故やトラブルを引き起こすかもしれません。

さらにスタジオや生徒から「時間を守れない先生」のレッテルを貼られます。

いいことがなに一つありません。

 

 

ブライトンスタジオ代官山のイベントの感動を受けて、時間通りに始めて時間通りに終わらせるという意識がより強くなりました。

 

どんなにいいプログラムを提供してもどんなにいい言葉を発してもレッスンの時間を守れないと指導者としての説得力、魅力も半減してしまいます。

 

さらに言うと

時間を守れるインストラクターが集まるスタジオは素晴らしい

とも言えますね。

 

素敵なイベントで自分の役割をしっかり果たせたことを誇りに、これからも与えられた時間で期待以上の価値を提供できる指導をして参ります!

 


f:id:hadashisensei:20171115205523j:image

改めてブライトンスタジオ代官山4周年おめでとうございます!

【なわとび】前跳びの練習方法

運動会も終わり、気温が下がってきて幼稚園、保育園や小学校ではなわとびを使う時間が増えてくる頃だと思います。

今回は【なわとび】がもっと好きになる前跳びの練習方法を紹介します。
 

縄を前に回す練習

前跳びの難しいポイントの一つが「縄を前に回すこと」です。

え?そんなこと!?

と思いますよね。

しかしこれがなかなか難しいんです。

なわとびをやったことがない子や苦手な子の前跳びの様子を見ていると

 

縄を

前から後ろ 

下から上

に回してしまう子が多いです。

 

上にジャンプしようとするとき、勢いをつけるために手を下から上に振ります。

この動きが身体にしみついている子ほどなわとびの時に縄を前から後ろに振り上げて、さらに手の動きと同時にジャンプしてしまいます。

なのでまず最初に跳ばないで回すだけの練習をします。

1.縄を身体の後ろに置く。前方にコーンなど縄を引っかけられるものを置く。

家庭でやるときはお家の人の腕でもいいです。(当たると結構痛いです…)

f:id:hadashisensei:20171113194740j:plain

2.前にあるものに縄を「えいっ!」と引っ掻ける

f:id:hadashisensei:20171113194822j:plain

3.1の状態に戻す。

 

これを何回か繰り返して縄を後ろから前に回すことを覚えます。

 

縄を跳び越える練習

回すことができたら次は縄を跳び越える動きを練習します。

できないパターンが二つあって、

一つはタイミングがつかめないこと

縄を回すのと同時にジャンプしてしまい着地したときに回った縄が当たってしまいます。

タイミングをつかむ練習は以下の通り。

 

1.縄を後ろから前に回します。縄が足に当たるまで我慢。

f:id:hadashisensei:20171113194904j:plain

 2.縄が足に当たったら縄を跳び越えます。

f:id:hadashisensei:20171113194929j:plain

3.これを繰り返します。

なれてきたら足に当たる前に跳びたいので

縄が地面に着いたらジャンプ

縄が顔の前に来たらジャンプ 

など

その子にピッタリのタイミングを探せるような声かけをしてみましょう。

 

 

縄を跳び越えられないパターンの二つ目は

縄を跳び越えられないこと

 

縄を踏んじゃったり真上に跳んでしまうことです。

これは歩き跳び(跳ばないんですけどね)から練習しましょう。

 

縄を回して足に当たったら歩いてまたぐ

これを繰り返します。

慣れてきたら両足を揃えたグージャンプで跳び越える練習をしましょう。

 

まずは一回から

ここまでくれば一回は確実に跳べるようになると思います。

ここから二回三回と回数を重ねるにはまた別の練習方法があるのでそれは後日紹介します。

大人には簡単に見えても子どもには大変な動きです。

「一回跳べたね!すごいじゃん!!」の気持ちを忘れずに、焦らずに練習していきましょう。

まずは子どもに「なわとびってなんとなく楽しいなぁ」と感じてもらうことが大切です。

好きになっちゃえばあとはほっといても勝手に上手くなります(笑)


ここまで読んで池田仁をもっと知りたくなったあなたへ
 

各種SNSをご覧ください。活動を随時アップしております。


Facebook Jin Ikeda 

 

 instaglam jinjinikeda

 池田 仁さん(@jinjinikeda) • Instagram写真と動画

 

運動を通じて「できた!!」の喜びと     「できる!!」の自信を全ての人に

 

「運動嫌いをなくす」

それが私の使命です。

池田仁

美容師がお悩みの猫背、肩こり、なで肩を解消するトレーニング

いつも僕の髪をかっこよくしてくれる豊洲の美容室 ルートヘアデザイン ルート ヘア デザイン(Route hair design)|ホットペッパービューティー が三周年を迎えました。
f:id:hadashisensei:20171111085042j:image

おめでとうございます!

 

f:id:hadashisensei:20171111085346j:image

 

看板犬のかりあげさんもいつも可愛いです。


f:id:hadashisensei:20171111085444j:image


f:id:hadashisensei:20171111085511j:image

四足歩行から二足歩行への進化の瞬間#豊洲 #ルートヘアデザイン #routehairdesign #ポメラニアン #かりあげ #四足歩行

 

ここに行くといつも

「最近は何か身体の悩みはありませんか?」っ質問をするようにしてるんですが、今回のお悩みは【なで肩】

 

f:id:hadashisensei:20171111090309j:plain

写真で見ると右肩が下がっているように見えますね。

さらに美容師という職業柄、猫背になって肩こりにも悩まされているとのこと。

 

ということで、なで肩&猫背&肩こり解消エクササイズをやってもらいました!!

 

 

1.動きの確認

f:id:hadashisensei:20171111090604j:plain

手の甲と手の甲が背面で向き合うように腕を外側に回します。

まずはこの腕を回す方向を覚えてください。

f:id:hadashisensei:20171111090839j:plain

中指と中指が触れ合うようにすると二の腕と背中が引き締まるのを感じられます。

 

2.背面で手を組む

f:id:hadashisensei:20171111090807j:plain

後ろで手を組んで胸を張りましょう。

 

3.手のひらを返す

f:id:hadashisensei:20171111091104j:plain

1.でやった方向に腕を回して手のひらを返します。

このときに逆に回してしまうと肩が前に入ってしまい姿勢が悪くなってしまうので気を付けてください。

 

4.手を上に挙げてキープする

 

f:id:hadashisensei:20171111091518j:plain

親指が天井に引っ張られるイメージで手を挙げましょう。

痛すぎないところで止めて5-10秒キープします。呼吸を止めない。

身体を反りすぎたり前に倒したりしないように気を付けましょう。

 

この運動を10回程度、肩と腕がダルくなる感じが出てくるまでやりましょう。

 

 

 

f:id:hadashisensei:20171111092614p:plain

心なしか右肩が挙がったような…(笑)

「なんだかスッキリした!」

「背中が暑くなって汗かいた!」

との感想もいただきました。

 

 

なで肩だとリュックがずり落ちてきたり、タンクトップカッコよく着れなかったりといろいろ不都合なこともあるみたいなので、同じようなことでストレスを感じている人はぜひお試しを。

f:id:hadashisensei:20171111093324j:plain

シドチャン、いつもありがとうございます!


ここまで読んで池田仁をもっと知りたくなったあなたへ
 

各種SNSをご覧ください。活動を随時アップしております。


Facebook Jin Ikeda 

 

 instaglam jinjinikeda

 池田 仁さん(@jinjinikeda) • Instagram写真と動画

 

運動を通じて「できた!!」の喜びと     「できる!!」の自信を全ての人に

 

「運動嫌いをなくす」

それが私の使命です。

池田仁

倒立は押して引っ張る

 

昨日の倒立はかなり長い時間止まることができました。


f:id:hadashisensei:20171108181332j:image

あのままだったら3分以上止まれたと思います。   

 

 

 

もちろん、手だけで支えてません(笑)

 

写真では見えませんが爪先がギリギリで天井の一部低いところに当たっててそこでも支えています。

 

ただ、この高さが本当に絶妙で

爪先を最大限に遠くに伸ばす(底屈させる・ポイントさせる)

腕で最大限に押す

 

この2つの姿勢がとれてギリギリ届くくらいの距離でした。

 

この状態をキープして感覚を脳と身体に染み込ませました。

 

その感覚を忘れずに天井に当たらない場所でトライ。

 

腕で床をグーーッと押す

爪先が天井に届くくらい遠くに伸ばす

 

 

・・・・・・・

 

ビターッと止まれました!!!!

前後左右の揺れもなく

そして、身体の伸びる感じがとても気持ちいい!

 

倒立の先生が言っていた

「倒立は天と地を感じるんだよ」

という言葉がスーッと腑に落ちました。

 

 

今まで大事にしていた押す意識
f:id:hadashisensei:20171108182515j:image

それに加えて

 

爪先を上に伸ばす

爪先が天に引っ張られる意識
f:id:hadashisensei:20171108182557j:image

 

この二つに注意しながらさらなるレベルアップを目指します!!

 

ただ、今回は奇跡的にいい高さの天井があって感覚を養うことができましたが、そんなに都合よく自分にぴったりの高さの天井には出会えませんよね…

もっとお手軽に練習できる方法を探求してシェアするのでお楽しみに!

 

ここまで読んで池田仁をもっと知りたくなったあなたへ
 

各種SNSをご覧ください。活動を随時アップしております。
Facebook Jin Ikeda 

 

 instaglam jinjinikeda

 池田 仁さん(@jinjinikeda) • Instagram写真と動画

 

運動を通じて「できた!!」の喜びと     「できる!!」の自信を全ての人に

 

「運動嫌いをなくす」

それが私の使命です。

池田仁

池田仁が指導中に絶対に言わないこと

「みんなやってるんだからやろうよ」

こういう言葉かけは絶対にしないようにしています。

昨日の東京武蔵野シティ裸足かけっこ教室でも

「裸足嫌だー」

「寒いから靴を履きたい」

と主張する子が何人かいました。

 

 

わかるわかる。

寒いし、なわとび当たると痛いし。

 

なので

 

「靴履きたければ履いてもいいよ」

「自分で決めてください。」

と伝えました。

 

 

会社員時代の池田仁なら

「みんな脱いでるから脱ぎなさい」

とか

「みんな裸足で走るかけっこ教室なのに一人だけ靴履くの?」

 

 

その子の意思や価値観を否定する言葉をかけていたと思います。

 

ただ、自分が靴を履かない人間になったりいたるところで倒立やブリッジをするようになったり四足歩行をするような人間になってから

 

「みんな◯◯だからあなたもそうしなさいよ」

「そんなこと誰もやってないからやめなさいよ」

「◯◯ってこういうものだから!あなたのやってることはずれてるから!」

 

って言われる度に悲しくなりました

 

大人の自分ですらこんなに嫌な気分がするんだから子どもも同じだろうな~と。

「自分がこうしたい」と思って意見したことを特別な理由もなく「みんなと合わせるのが当たり前だから」って理由で否定されたら納得いかないだろうしショックなんじゃないかなぁと。

 

個性が大事

自分の意見を言える人間になろう

周りに流されてはいけない

 

教育現場でよく聞く言葉ですが

その言葉と真逆の言動をとっている指導者も多いのではないでしょうか。

 

子どもがなにかを主張してきたらまずはしっかり聞いて、それが正しくないと思うなら理由をわかりやすく説明できる大人になりましょう。

 

ここまで読んで池田仁をもっと知りたくなったあなたへ
 


各種SNSをご覧ください。活動を随時アップしております。
Facebook Jin Ikeda 

 

 instaglam jinjinikeda

 池田 仁さん(@jinjinikeda) • Instagram写真と動画

 

運動を通じて「できた!!」の喜びと     「できる!!」の自信を全ての人に

 

「運動嫌いをなくす」

それが私の使命です。

池田仁

 

「これどこでできるの」問題を考える

武蔵野市のファミリースポーツフェアでスラックラインのブースを担当しました。


f:id:hadashisensei:20171105175540j:image


f:id:hadashisensei:20171105175554j:image

 

老若男女問わず、たくさんの人がスラックラインを楽しんでくれました。

親子で手を繋いで渡ったり

友達と手を繋いで渡ったり

 

一番印象的だったのは、初めて会ったばかりの小学生の女の子同士が互いにアドバイスしあって取り組んで、最終的にはタンデム(綱の上に二人で乗る)して息を合わせて歩いてたシーンです。 

 

こうして年齢や性別や今いるコミュニティを越えて一瞬で仲が良くなる、コミュニケーションがとれるのはスポーツの大きな力ですね。

 

とても楽しい時間で提供する側としても非常に満足のできたイベントだったのですがなんとかしたいなーと思ったことが一つだけ。

 

 

「これ、どこでできるの?」

 

この質問、今日だけで6組以上の親子に聞かれました。

 

武蔵野市では常設している施設や定期的な教室が無いことを伝えると

「やっぱりそうですよね~」と言われたので武蔵野市近隣で活動している団体の

 

府中スラックラインアミューズ

セキュリティチェックが必要です

 

 

NPO法人スポーツアシスタントの

西東京スラックライン

NPO法人スポーツアシスタントのHP

を紹介しました。

 

近隣とはいえ、幼児や小学生が通うにはちょっと遠い・・・

「少し遠いですね・・・」と寂しそうな顔をする親子を見て僕もちょっと悲しくなりました。

 

スラックラインに限らずどの種目もですがこういう体験型のイベントをしたあとに参加者が突き当たる壁は

 

やりたいけどどこでやればいいかわからない

なんならやる場所がない

 

という問題です。

 

せっかく

 

楽しい!

やりたい!!

と思ったのに次にできるのは一年後のイベントってとってももったいないですよね。

 

池田仁があと二人くらいいれば武蔵野市スラックライン教室ができるのにな・・・


f:id:hadashisensei:20171105182129j:image

と思ったのと

 

イベント後の導線をしっかり作っておくことの重要さを感じた一日でした。

 


f:id:hadashisensei:20171105182228j:image

 

ここまで読んで池田仁をもっと知りたくなったあなたへ
 
各種SNSをご覧ください。活動を随時アップしております。

Facebook Jin Ikeda 

 

 instaglam jinjinikeda

 池田 仁さん(@jinjinikeda) • Instagram写真と動画

 

運動を通じて「できた!!」の喜びと     「できる!!」の自信を全ての人に

 

「運動嫌いをなくす」

それが私の使命です。

池田仁